成長期を過ぎてからのバストアップ法とは?

成長期以降でもバストアップは可能

バストサイズが大きくアップするのは成長期ですが、 人によっては思ったほどバストが成長しないことがあります。

いつの間にか成長期を過ぎてしまい、これから先は 胸が大きくなることはないとあきらめてしまう人がいますが、 まだあきらめるのは早いのですよ。

成長期以降も条件によってはバストは大きくなります。 バストアップの方法は一つではなく、いろいろありますから、 これから挙げるやり方をぜひお試しいただきたいと思います。

成長期に胸が大きくなる理由ですが、これは女性ホルモンの 分泌と深い関係があります。 成長期には女性ホルモンが活性化し、それがバストの成長に 影響を与えるのです。

その時期を過ぎても女性ホルモンは分泌されますが、 成長期ほどは分泌されなくなるのです。 でも、たとえば大豆イソフラボンを摂取することで 女性ホルモンが活性化されたのと似た状態になりますから、 積極的に大豆イソフラボンが含まれる食品をとると良いでしょう。

大豆イソフラボンは豆腐や納豆・豆乳などに多く含まれます。 身近な食材ですから、毎日の習慣にすると簡単に摂取できますね。 そのまま食べてもいいですし、料理に使ってみるのもおすすめです。

忙しくて食事を作る時間がとれなかったり、毎日これらの食材を 食べるのが難しいという場合は、サプリメントでも構いません。 牛乳の代わりに豆乳を飲む習慣をつけるのもよいですね。 いろいろ工夫して、大豆イソフラボンを普段の食生活に 取り入れてみると、バストアップに役立ちます。

また、食事以外にもバストアップに有効なことがいくつかあります。 例えばマッサージをすることです。 乳腺に刺激を与えることで女性ホルモンが活性化するので、 マッサージは効果があります。

血行を良くし、ハリが出てくるようにすると、バストが下垂することを 防ぐことにつながります。

また大胸筋を鍛えるような運動をすることも効果があります。 ただバストを大きくするだけでなく、形の良いバストにすることが 可能になります。

↑ PAGE TOP